有効なナンピン戦略とは

FX取引で難平をするというのは御法度という人も多く、あまりおすすめできる方法ではないと考えている方はたくさんいます。ただ、自分で取引ルールを定めれば、有効なトレード方法になる可能性があります。最適なタイミングで買いエントリーしたつもりが、相場が逆の方向へ動いてしまいった場合の事を考えてみましょう。ナンピン買いをすると持っているポジションの損失の拡大度合いがに拍車がかかってしまいますので、不安が大きくなることは確かです。

強欲に決してならずに少しの利益でも満足しよう。

しかし、冷静になって「このラインから50pips以上下落したら全ポジションを手じまいする」というように決定事項を作ってしまえば、何も怖いことではありません。ストップさえ設定できれば長期戦になっても心構えができるので安心・安全です。もちろんただ難平するときはよほど自信があるときだけにしておくのが賢明です。もし失敗したら損失額もいつもより増えてしまうので、精神的にも資金的にも余裕がある前提で行うのが良いでしょう。

難平をするケースというのは、相場がいつも以上に動いて価格がゆがんでる時が多いのです。価格が歪むときほどFXでは売買チャンスとなって利益を出せる機会が増えます。仮にいずれかのポジションがマイナスでも、複数のポジション相殺し合ってトントンか1pips以上でも利益が出ればOKと考えましょう。

難平をしているときは強欲にならずにほんの少しでも利益が出れば満足することが、継続的にFXで勝っていくコツとなります。