注文の執行が勝敗を決める

外国為替相場では、注文(オーダー)の出し方の巧拙が成績に大きく影響することがあります。相場の予測は当たっているのにうまく儲けることができない人もけっこう存在していますが、その注文の仕方や運用ルールに原因があることも多いようです。

最も基本的なオーダーは成行であり、そのときにマーケットにある価格での売買を指示する注文方法です。あらかじめ価格を指定する指値も基本的な注文方法です。

指値にも通常の指値と逆指値があります。通常の指値注文は「いくらに下がったら買う」「いくらに上がったら売る」という注文ですが、逆指値注文は反対に「いくらに上がったら買う」「いくらに下がったら売る」という注文の仕方です。両者の違いは、通常の指値が逆張りの売買で、逆指値が順張りの売買に対応していることです。

つまり、通常の指値は下落トレンドの中で「安くなったら買う」あるいは上昇トレンドの中で「高くなったら売る」という売買です。これに対して逆指値は下落トレンドの中で「安くなったら売る」あるいは上昇トレンドの中で「高くなったら買う」という指値です。ここで重要なことは、通常の指値では損切り(ストップロス)ができないということです。

逆指値はストップオーダーともいわれるように、あらかじめ損切り水準を指定しておき、自動的に損切りができます。