有効なナンピン戦略とは

日本で生活しているとなかなか直接的に肌で感じることはできませんが、日本経済は円高でかなり影響をうけているそうですね。私が子供だったころも同じように円高だったのですが、その当時とは円高の理由も違うような気がします。また、そのころとは消費者への影響も違うような気がします。

というのは、昔の円高のときって輸入品が円高還元セールとしょうしてかなり安く販売されていたような気がします。最近では、こうした円高セールを見かけることがあまりありません。

もっと円高を肌で感じることができれば私たちにも実感ができるのですが、私が思うに一番円高を感じるときって海外旅行に行ったときではないでしょうか。一般の人が円の価値を実感するときってこういうときだと思うのですが、実際に今海外に行くとかなりお得を感じられます。

たとえばアメリカに行ったとしたら、1ドルが100円の時と比べて、1割から2割程度支出が減るわけですから、常にセール状態ですよね。メディアではやたらと円高の悪影響が報道されますが、私たちにはなかなかどうしようもないところだと思います。であれば、こうした円高を体験しつつメリットのある方向に利用するのが一番よいのではないでしょうか。